ご購入金額11,000円(税込)
以上で全国送料無料

午前12時(正午)までの
ご注文で当日出荷(一部商品を除く)


Oh Splash オースプラッシュ 720ml / 海琳堂オリジナル

価格: ¥2,400 (税込 ¥2,640)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

商品特徴

近年ブームになっているスパークリング日本酒。 今や公式晩餐会の乾杯酒としてもスパークリング日本酒が用いられ、世界的に認知度が上がってきていますよね。 「Oh Splash(オースプラッシュ)」は、海琳堂オリジナルのスパークリング日本酒です。シャンパンと同じ瓶内二次発酵による発泡性の純米酒で、繊細できめ細かな泡が美しい乾杯にもぴったりの1本です。りんごや洋ナシの様なみずみずしく甘い香りで、口当たりはなめらかでフレッシュです。甘すぎず、爽やかながらお米の旨みが感じられ、後味はスッキリとしています。 スプラッシュという言葉が海のしぶきが跳ねる様を表現しているように、弾ける泡が口の中を巡ります。乾杯酒としてだけでなく食中酒としてもとてもおすすめです。

商品スペック

PRODUCT SPEC

特定名称 -
原産国 日本
内容量 720ml/250ml
原材料 米(国産)・米麹(国産米)
アルコール分 5.5度
使用品種 岡山県産米100%使用
精米歩合 70%
キャップ スクリューキャップ

※キャップ開封時のけがにお気をつけください。

合わせる食べ物

PAIRING

なめらかで優しい口当たりが白身の魚、甘エビやホタテ、カプレーゼやチキンのトマト煮込み、レアチーズケーキなどと良く合います。

おすすめの飲み方

HOW TO DRINK

良く冷やして、シャンパングラスやワイングラスでお楽しみ下さい。

味わいチャート

TASTE CHART

おすすめポイント

POINT

スタッフ:みお

「スパークリング清酒ってジュースみたいで美味しいけど、日本酒である必要はあるのかな……」と思っていましたが、それも『Oh Splash(オー スプラッシュ)』を飲む前までの話でした。飲みやすいスパークリングですが、シロップのような甘さとは違って日本酒特有の「旨味」が広がります。洋食にもバッチリあうので試してみてください♪

酒蔵紹介

海琳堂オリジナル

「おいしいSAKEを世界へ」というメッセージを掲げ、海琳堂は2013年にスタートしました。そしていま「SAKE」は急速に進化し、世界中を虜にしています。職人の手によって丁寧に醸された美しい日本酒。郷土文化に根ざし愛され続ける世界中の酒の数々。私たち海琳堂も、多様性にあふれた個性的な「SAKE」のような存在であり続けたいと思っています。海琳堂オリジナルは、日本全国の酒蔵と提携することで、日本酒の概念を覆す革新的な酒造りを目指しています。

ニュースNEWS

「フェミナリーズ世界ワインコンクール2020」日本酒部門 金賞を受賞 ◆審査結果掲載ページ https://feminalise-japon.com/archive

保存方法PRESERVATION METHOD

保存場所
について

太陽光が降り注ぐ部屋で保管すると、わずか30分で日本酒の色が変わり(日光着色)、劣化臭である「びん香」「日光臭」も発生します。
室内灯の蛍光灯も微弱な紫外線を発しますので、日本酒の保存は太陽光や室内灯の紫外線を受けない場所に保管しましょう。
光が当たらない場所での保管が難しい場合は、新聞紙で包んだり、箱から出さずにそのまま保存しましょう。

温度管理
について

保存に最適な温度は日本酒の種類ごとに異なりますが、重要なのは高温を避けることです。
高温で長期保存すると「老香(ひねか)」と呼ばれる劣化臭が発生する場合があります。
また急激な温度変化も酒質に変化が生じる原因となりますので、1年を通して室温が一定の場所での保存が理想的です。

  • 純米酒・本醸造酒・普通酒は15度前後以下の冷暗所での保存をおすすめします。
  • 生酒・吟醸酒は、冷蔵庫での保存をおすすめします。

賞味期限
について

どんなに保存状態が良くても、日本酒は瓶詰めされてから劣化していきます。
開栓後は、種類によって速度の違いはあるものの、味わいがどんどん変化していきます。
空気に触れることによって酸化が進むため、熟成目的でなければ、開封後は冷蔵庫に保管し、なるべく早く飲み切ることをおすすめします。

おすすめ関連商品

Oh Splash Sakura オースプラッシュ サクラ 720ml / 海琳堂オリジナル

¥2,800(税込 ¥3,080)

数量:

CATEGORIES

商品一覧

お酒の種類から選ぶ

価格帯から選ぶ

酒蔵から選ぶ

酒器

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ