ご購入金額11,000円(税込)
以上で全国送料無料

午前12時(正午)までの
ご注文で当日出荷(一部商品を除く)


大入 ひっぱりだこ 火入れ 純米吟醸酒 720ml / 北島酒造

価格: ¥1,400 (税込 ¥1,540)
クール便推奨品:
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

商品特徴

人気の“ひっぱりだこ”からしっとり丸みを帯びた“火入れ”が入荷

粋なラベルで大人気の限定酒!! ネーミングもしかり、ラベルもしゃれたアメコミ風のインパクトが強いお酒ですが、見た目に反して中身は大真面目な媚びない辛口酒。 近江産「玉栄」で仕込んだ本格派の辛口純米吟醸。 渾身の醸しから、丁寧な瓶火入れを施し、穏やかに漂うフレッシュ感があり、玉栄の透明感溢れる柔らかさと上質な旨味が真っ直ぐ伸びた心地よい味わいです。 滑らかな旨みにシャープなキレ味で食事と合わせると丸く滑らか、味わいはどこまでも真っ直ぐに、余韻はどこまでも澄みわたり余韻も綺麗です。適度に酸味があり、旨味も甘味もあり、結構強めの渋味で非常に引き締めが強く見事にキレていく印象。 寿司や魚介系など、シンプルなお料理がとの相性が良さそうです。 遊び心と安定感を両方併せ持ったまさに、どんな料理にもひっぱりだこ間違いなしの完成度。 このお酒は冷やしても常温くらいになっても美味しく飲めるので、ゆっくり飲むもおすすめです。

商品スペック

PRODUCT SPEC

特定名称 純米吟醸酒
原産国 日本
内容量 720ml
原材料 米、米麹
アルコール分 16度
使用品種 玉栄
精米歩合 55%
特徴 なし
キャップ 王冠
容器

※キャップ開封時のけがにお気をつけください。

合わせる食べ物

PAIRING

どんな料理にもひっぱりだこ間違いなし、特に醤油や味噌でしっかり味付けした料理には好相性です。

おすすめの飲み方

HOW TO DRINK

冷やして、常温、ぬる燗、熱燗

味わいチャート

TASTE CHART

おすすめポイント

POINT

はると

この「ひっぱりだこ」はタコ料理のみならず、どんな料理にも合う絶妙なバランスの取れた辛口食中酒に仕上がっています。コミカルなボトルデザインですが、あなどれない、どの料理にもひっぱりだこな一本です!

酒蔵紹介

北島酒造/滋賀県

文化2年(1805年)に創業。滋賀県湖南市、関西の水がめ琵琶湖の東に位置する酒造です。北島酒造のブランドは『定番のブランド“御代栄”』『挑戦のブランド“北島”』とあり、伝統と革新を両立させながら、決して現状に満足しない姿勢を感じます。原材料にもこだわり、鈴鹿山系の伏流水を仕込み水に使用。まろやかな軟水で、米のうまみを優しく引き出します。酒米は地元近江の物を積極的に使用し、地元貢献と品質維持を両立。秒単位での吸水を行うなど、良質な日本酒の製造に最新の注意を払っています。そうして生まれた、香り高く旨みの多い酒質にはファンが多く、全国の酒飲みが一目置くブランドとなっています。

保存方法PRESERVATION METHOD

保存場所
について

太陽光が降り注ぐ部屋で保管すると、わずか30分で日本酒の色が変わり(日光着色)、劣化臭である「びん香」「日光臭」も発生します。
室内灯の蛍光灯も微弱な紫外線を発しますので、日本酒の保存は太陽光や室内灯の紫外線を受けない場所に保管しましょう。
光が当たらない場所での保管が難しい場合は、新聞紙で包んだり、箱から出さずにそのまま保存しましょう。

温度管理
について

保存に最適な温度は日本酒の種類ごとに異なりますが、重要なのは高温を避けることです。
高温で長期保存すると「老香(ひねか)」と呼ばれる劣化臭が発生する場合があります。
また急激な温度変化も酒質に変化が生じる原因となりますので、1年を通して室温が一定の場所での保存が理想的です。

  • 純米酒・本醸造酒・普通酒は15度前後以下の冷暗所での保存をおすすめします。
  • 生酒・吟醸酒は、冷蔵庫での保存をおすすめします。

賞味期限
について

どんなに保存状態が良くても、日本酒は瓶詰めされてから劣化していきます。
開栓後は、種類によって速度の違いはあるものの、味わいがどんどん変化していきます。
空気に触れることによって酸化が進むため、熟成目的でなければ、開封後は冷蔵庫に保管し、なるべく早く飲み切ることをおすすめします。

CATEGORIES

商品一覧

お酒の種類から選ぶ

価格帯から選ぶ

酒蔵から選ぶ

酒器

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長紹介

Sake shop 海琳堂 店長の斉藤慶子です。
わたしたち海琳堂は、厳選した日本酒を取りそろえた日本酒専門店を目指し日々質の高い日本酒をはじめとした日本のお酒を追い求めています。
初めての方も、お好きな方も日本酒との素敵な出会いをお楽しみいただけますように。


ページトップへ