ご購入金額11,000円(税込)
以上で全国送料無料

午前12時(正午)までの
ご注文で当日出荷(一部商品を除く)


【8/15までラッピング&のし無料】帝松(みかどまつ) 吟醸 社長の酒 箱入 720ml / 松岡醸造

価格: ¥1,350 (税込 ¥1,485)
クール便推奨品:
数量:
在庫: 在庫なし

返品についての詳細はこちら

twitter



商品特徴

むかしむかし・・・吟醸酒は蔵の技術を競う為の日本酒のコンテスト「鑑評会」に出す為に手間暇をかけてごくわずかに醸造される貴重で特別なお酒でした。それを一般に販売することになった時に、「蔵の社長が飲むほど旨い酒」という意味でこの名前が付いたのだとか。今や出世酒として親しまれている松岡醸造の定番人気商品です。 上品な香りで、バランスの取れた味わいの吟醸酒です。旨味と酸味が調和していて、やや辛口で飲み飽きしないのが良いですね!冷やしても常温もお燗でも美味しく飲める万能タイプです。 毎日の定番酒として晩酌に、今夜は社長気分でいかがですか。ビジネスシーンでのお祝いにも喜ばれそうです。就職祝い、昇進祝いなどにいかがでしょうか。

商品スペック

PRODUCT SPEC

特定名称 吟醸酒
原産国 日本
内容量 720ml
原材料 米・米麹・醸造アルコール
アルコール分 15度
使用品種 キヌヒカリ
精米歩合 60%
キャップ

※キャップ開封時のけがにお気をつけください。

合わせる食べ物

PAIRING

晩酌酒として普段の料理と。旨味と酸味のバランスが良く、牡蠣や甘エビなどの魚介類にも良く合います。

おすすめの飲み方

HOW TO DRINK

冷やして、常温、お燗で。ぐいっと飲んだら社長気分!?

味わいチャート

TASTE CHART

スタッフ:みお

【社長の酒】というネーミングに絶対引っかかってしまうのは仕方ありませんが、飲んでみたら燗酒ではお米本来の味のふくらみが。冷酒ではしっかりとしたインパクトとキレが感じられる大変美味しいお酒でした♪これを飲んだら社長になれるらしいので、私も試しに10本くらい買ってみようかと思います!

酒蔵紹介

松岡醸造/埼玉県

寛永4年(1851年)創業。埼玉でも良質の水が湧きだす小川町に蔵を構えました。仕込み水には、秩父山系の石灰岩で浄化された天然水を使用。硬度127mg/?のミネラル豊富な水の特徴を活かし、確かな旨みの感じられる日本酒を造っています。中でも代表銘柄の『帝松』はフルーティーで甘みのある味わいが特徴。その帝松を携え、埼玉県でも最多の「8年連続 全国新酒鑑評会金賞」を受賞。その他多数の鑑評会で受賞を果たしています。どれも評価の高い日本酒は、サイズ違いなども含めた品数が150にも上ります。より多くの商品を提示することで「多くの方々に美味しくお酒をお召し上がりいただきたい」という思いを実現しています。

保存方法PRESERVATION METHOD

保存場所
について

太陽光が降り注ぐ部屋で保管すると、わずか30分で日本酒の色が変わり(日光着色)、劣化臭である「びん香」「日光臭」も発生します。
室内灯の蛍光灯も微弱な紫外線を発しますので、日本酒の保存は太陽光や室内灯の紫外線を受けない場所に保管しましょう。
光が当たらない場所での保管が難しい場合は、新聞紙で包んだり、箱から出さずにそのまま保存しましょう。

温度管理
について

保存に最適な温度は日本酒の種類ごとに異なりますが、重要なのは高温を避けることです。
高温で長期保存すると「老香(ひねか)」と呼ばれる劣化臭が発生する場合があります。
また急激な温度変化も酒質に変化が生じる原因となりますので、1年を通して室温が一定の場所での保存が理想的です。

  • 純米酒・本醸造酒・普通酒は15度前後以下の冷暗所での保存をおすすめします。
  • 生酒・吟醸酒は、冷蔵庫での保存をおすすめします。

賞味期限
について

どんなに保存状態が良くても、日本酒は瓶詰めされてから劣化していきます。
開栓後は、種類によって速度の違いはあるものの、味わいがどんどん変化していきます。
空気に触れることによって酸化が進むため、熟成目的でなければ、開封後は冷蔵庫に保管し、なるべく早く飲み切ることをおすすめします。

おすすめ関連商品

CATEGORIES

商品一覧

お酒の種類から選ぶ

価格帯から選ぶ

酒蔵から選ぶ

酒器

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長紹介

Sake shop 海琳堂 店長の斉藤慶子です。
わたしたち海琳堂は、厳選した日本酒を取りそろえた日本酒専門店を目指し日々質の高い日本酒をはじめとした日本のお酒を追い求めています。
初めての方も、お好きな方も日本酒との素敵な出会いをお楽しみいただけますように。


ページトップへ