ご購入金額11,000円(税込)
以上で全国送料無料

午前12時(正午)までの
ご注文で当日出荷(一部商品を除く)


【生誕40周年記念】夜の帝王 REVEROF レベロフ 720ml / 藤井酒造

価格: ¥1,800 (税込 ¥1,980)
クール便推奨品:
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

商品特徴

40周年記念年の限定! 特別な旨辛口 高アルコール原酒

藤井酒造は1863年、良質の水に恵まれた広島県竹原に創業した酒蔵です。日本初の清酒品評会で一等賞を獲得した「龍勢」を筆頭に、「夜の帝王」などの、地元で愛される日本酒を長年製造してきました。伝統を継承しつつも常に創造的であるお酒で、地元だけでなく全国にファンを集めています。夜の帝王40周年を記念して発売される『夜の帝王 REVEROF(レベロフ)』は、既に人気商品の『夜の帝王 FOREVER(フォーエバー)』の対となる、今年だけの新商品。『フォーエバー』が高アルコールの甘口なのに対し、『レベロフ』は高アルコールの辛口。商品名はFOREVERのスペルを反対にし、「夜の帝王」という文字も反転しています。実力派の酒蔵が醸すパワフルな原酒ながら、遊び心もある注目のお酒です。

商品スペック

PRODUCT SPEC

特定名称 非公開
原産国 日本
内容量 720ml
原材料 米(国産)、米麹(国産米)
アルコール分 20度
使用品種 山田錦
精米歩合 60%
特記 原酒
キャップ スクリュ-キャップ
容器

※キャップ開封時のけがにお気をつけください。

合わせる食べ物

PAIRING

中華など濃い味のお料理にも合います

おすすめの飲み方

HOW TO DRINK

冷やして

味わいチャート

TASTE CHART

おすすめポイント

POINT

はると

アルコール度数20度。これは紛れもない高アルコールの日本酒です! でも、本当に飲みにくさを感じず、気づけば酔っているお酒。味自体は濃厚で芯がしっかりしているので、炭酸で割っても薄さを感じません。味が多く、キレが良い。このお酒はクセになってしまいます。甘口のフォーエバーと飲み比べてみるのも面白いと思います。

文久三年(1863年)、良質の仕込み水に恵まれた広島県竹原の地に創業。「第一回 清酒品評会」で一等賞を獲得した『龍勢』を筆頭に、『夜の帝王』などの無骨でありながら繊細な日本酒を製造しています。昔ながらの生もと造りを極めた純粋で力強い酒質。そして雑味のない後味には誰もが「もう一口」を求めます。お酒は自然が醸すものだということを理解し、最大限にその長所を活かしているのが藤井酒造です。酒造りの朝ドラでも話題になった地方、実力派の酒蔵。量産型ではなく、少量でも日本酒の根幹の部分を伝えていく存在として、藤井酒造は質の高い日本酒を製造し続けています。

保存方法PRESERVATION METHOD

保存場所
について

太陽光が降り注ぐ部屋で保管すると、わずか30分で日本酒の色が変わり(日光着色)、劣化臭である「びん香」「日光臭」も発生します。
室内灯の蛍光灯も微弱な紫外線を発しますので、日本酒の保存は太陽光や室内灯の紫外線を受けない場所に保管しましょう。
光が当たらない場所での保管が難しい場合は、新聞紙で包んだり、箱から出さずにそのまま保存しましょう。

温度管理
について

保存に最適な温度は日本酒の種類ごとに異なりますが、重要なのは高温を避けることです。
高温で長期保存すると「老香(ひねか)」と呼ばれる劣化臭が発生する場合があります。
また急激な温度変化も酒質に変化が生じる原因となりますので、1年を通して室温が一定の場所での保存が理想的です。

  • 純米酒・本醸造酒・普通酒は15度前後以下の冷暗所での保存をおすすめします。
  • 生酒・吟醸酒は、冷蔵庫での保存をおすすめします。

賞味期限
について

どんなに保存状態が良くても、日本酒は瓶詰めされてから劣化していきます。
開栓後は、種類によって速度の違いはあるものの、味わいがどんどん変化していきます。
空気に触れることによって酸化が進むため、熟成目的でなければ、開封後は冷蔵庫に保管し、なるべく早く飲み切ることをおすすめします。

おすすめ関連商品

CATEGORIES

商品一覧

種類から選ぶ

価格帯から選ぶ

酒蔵から選ぶ

酒器

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業日 正午12時までのご注文は当日出荷(在庫切れなど除く)

店長紹介

Sake shop 海琳堂 店長の斉藤慶子です。
わたしたち海琳堂は、厳選した日本酒を取りそろえた日本酒専門店を目指し日々質の高い日本酒をはじめとした日本のお酒を追い求めています。
初めての方も、お好きな方も日本酒との素敵な出会いをお楽しみいただけますように。


ページトップへ