ご購入金額11,000円(税込)
以上で全国送料無料

午前12時(正午)までの
ご注文で当日出荷(一部商品を除く)


記念酒 ちょっ蔵 新酒を祝う会 純米 生原酒 720ml / 磯蔵酒造 ※要冷蔵品

価格: ¥1,700 (税込 ¥1,870)
クール便推奨品:
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

要冷蔵商品です。お手数ですが、カートページでオプション【クール便】を選択してください。クール便の設定をしていない場合はお客様にご確認のメールをお送り致します。



商品特徴

500本超限定! 今年の干支『寅』がラベルの祝い酒★

磯蔵酒造は茨城県笠間市に蔵を多く、人気の地酒を醸す酒蔵です。米の味を引き出し、様々な食事と合わせることのできる美味しいお酒を製造。看板銘柄の「稲里」を中心に、県内の居酒屋などで定番酒として親しまれています。毎年新年を祝って販売される「ちょっ蔵 新酒を祝う会 記念酒」。第十六回となる2022年は寅年となります。去年まではコロナの影響で「ひやおろし」での出荷だった記念酒。今年はご要望に応え、生原酒での発売となりました。ラベルは大洗磯前神社の絵馬も描いている関口広子さんが担当。今年の干支である虎を用い、勇ましくもどこか柔らかい雰囲気に仕上げています。《500本 超限定商品》の縁起酒ですので、お早めにご注文下さい。

商品スペック

PRODUCT SPEC

特定名称 純米
原産国 日本
内容量 720ml
原材料 米、米麹
アルコール分 16度
使用品種 笠間市産ひたち錦
精米歩合 60%
特記 生酒
キャップ スクリュ-キャップ
容器

※キャップ開封時のけがにお気をつけください。

合わせる食べ物

PAIRING

広く和食を中心とした旨味の乗った料理

おすすめの飲み方

HOW TO DRINK

冷酒~常温

味わいチャート

TASTE CHART

おすすめポイント

POINT

はると

お米を大事にしているのがとてもよく伝わるお酒です。勢いの感じられるフレッシュさで、キレの良い旨口。バランスに優れ、素材の良さが伝わってきて、一口ごとに丁寧に造ってあるのが感じられます。ラベルも含めどこまでも手間と想いに溢れたお酒だと思います!

酒蔵紹介

磯蔵酒造/茨城県

明治元年(1868年)に創業。茨城県笠間市稲田にある『磯蔵酒造』は、茨城県の地酒『稲里(いなさと)』を製造・販売しています。地元では定番のお酒として愛され、そのラインナップには「風」「土」「山」「月」などなど、漢字一文字でお酒の特徴を表現したシリーズがあります。毎年の新酒「初しぼり」や、大吟醸の「日々是好日」も地元だけでなく全国にファンを作る銘酒です。稲田という地名の通り、古来より良質であった地下水とお米のある環境。そのうえで、地元の蔵人、地元の方々とのたくさんの縁が上質なお酒を醸します。「一期一会」「酒は人」など、人間を大切にする蔵のお酒造りは、そのやさしい酒質にも表れています。

保存方法PRESERVATION METHOD

保存場所
について

太陽光が降り注ぐ部屋で保管すると、わずか30分で日本酒の色が変わり(日光着色)、劣化臭である「びん香」「日光臭」も発生します。
室内灯の蛍光灯も微弱な紫外線を発しますので、日本酒の保存は太陽光や室内灯の紫外線を受けない場所に保管しましょう。
光が当たらない場所での保管が難しい場合は、新聞紙で包んだり、箱から出さずにそのまま保存しましょう。

温度管理
について

保存に最適な温度は日本酒の種類ごとに異なりますが、重要なのは高温を避けることです。
高温で長期保存すると「老香(ひねか)」と呼ばれる劣化臭が発生する場合があります。
また急激な温度変化も酒質に変化が生じる原因となりますので、1年を通して室温が一定の場所での保存が理想的です。

  • 純米酒・本醸造酒・普通酒は15度前後以下の冷暗所での保存をおすすめします。
  • 生酒・吟醸酒は、冷蔵庫での保存をおすすめします。

賞味期限
について

どんなに保存状態が良くても、日本酒は瓶詰めされてから劣化していきます。
開栓後は、種類によって速度の違いはあるものの、味わいがどんどん変化していきます。
空気に触れることによって酸化が進むため、熟成目的でなければ、開封後は冷蔵庫に保管し、なるべく早く飲み切ることをおすすめします。

おすすめ関連商品

CATEGORIES

商品一覧

お酒の種類から選ぶ

価格帯から選ぶ

酒蔵から選ぶ

酒器

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業日 正午12時までのご注文は当日出荷(在庫切れなど除く)

店長紹介

Sake shop 海琳堂 店長の斉藤慶子です。
わたしたち海琳堂は、厳選した日本酒を取りそろえた日本酒専門店を目指し日々質の高い日本酒をはじめとした日本のお酒を追い求めています。
初めての方も、お好きな方も日本酒との素敵な出会いをお楽しみいただけますように。


ページトップへ