ご購入金額11,000円(税込)
以上で全国送料無料

午前12時(正午)までの
ご注文で当日出荷(一部商品を除く)


【季節酒】生もと 純米 残照 無濾過火入れ 720ml / 北島酒造

価格: ¥1,400 (税込 ¥1,540)
クール便推奨品:
数量:
在庫: 残りわずか

返品についての詳細はこちら

twitter

商品特徴

ゆく夏を惜しみ、実りの秋を心待ちにする。無濾過火入れの辛口酒です。

晩夏のひまわりが描かれたラベルが印象的な「残照」。毎年大人気の季節酒です。辛口ながら、口に含んだときの香りと旨みのバランスが絶妙です。酵母無添加生もとの余韻、消える酸としっかりとした味わいを喉で感じることができます。味わい後半に徐々に締まっていく、心地よい感覚が楽しめます。お燗もおすすめです。 ゆく夏を惜しみ、実りの秋を心待ちにする。朽ちてなお、凛々しく咲き誇る向日葵たちに元気付けられるようなお酒をコンセプトに設計されています。 残暑きびしいおり、疲れた体を回復させる「気合いの入った辛口」のお酒です。

商品スペック

PRODUCT SPEC

特定名称 純米
原産国 日本
内容量 720ml
原材料 米、米麹
アルコール分 15度
使用品種 近江産玉栄100%
精米歩合 65%
特記 無濾過
キャップ スクリュ-キャップ
容器

※キャップ開封時のけがにお気をつけください。

合わせる食べ物

PAIRING

和食全般、あっさりしたお肉料理

おすすめの飲み方

HOW TO DRINK

冷やして

味わいチャート

TASTE CHART

おすすめポイント

POINT

りん

目につくのは、晩夏のひまわり。アーティスティックなラベルも素敵ですが、味わいも素晴らしいです。日本酒らしい正統派の純米辛口。無濾過、きもと造りという玄人好みの味わいで、しっかり日本酒の存在感を出しています。ラベルの印象とは裏腹に、おじさんうけする(笑)季節酒です。

文化2年(1805年)に創業。滋賀県湖南市、関西の水がめ琵琶湖の東に位置する酒造です。北島酒造のブランドは『定番のブランド“御代栄”』『挑戦のブランド“北島”』とあり、伝統と革新を両立させながら、決して現状に満足しない姿勢を感じます。原材料にもこだわり、鈴鹿山系の伏流水を仕込み水に使用。まろやかな軟水で、米のうまみを優しく引き出します。酒米は地元近江の物を積極的に使用し、地元貢献と品質維持を両立。秒単位での吸水を行うなど、良質な日本酒の製造に最新の注意を払っています。そうして生まれた、香り高く旨みの多い酒質にはファンが多く、全国の酒飲みが一目置くブランドとなっています。

保存方法PRESERVATION METHOD

保存場所
について

太陽光が降り注ぐ部屋で保管すると、わずか30分で日本酒の色が変わり(日光着色)、劣化臭である「びん香」「日光臭」も発生します。
室内灯の蛍光灯も微弱な紫外線を発しますので、日本酒の保存は太陽光や室内灯の紫外線を受けない場所に保管しましょう。
光が当たらない場所での保管が難しい場合は、新聞紙で包んだり、箱から出さずにそのまま保存しましょう。

温度管理
について

保存に最適な温度は日本酒の種類ごとに異なりますが、重要なのは高温を避けることです。
高温で長期保存すると「老香(ひねか)」と呼ばれる劣化臭が発生する場合があります。
また急激な温度変化も酒質に変化が生じる原因となりますので、1年を通して室温が一定の場所での保存が理想的です。

  • 純米酒・本醸造酒・普通酒は15度前後以下の冷暗所での保存をおすすめします。
  • 生酒・吟醸酒は、冷蔵庫での保存をおすすめします。

賞味期限
について

どんなに保存状態が良くても、日本酒は瓶詰めされてから劣化していきます。
開栓後は、種類によって速度の違いはあるものの、味わいがどんどん変化していきます。
空気に触れることによって酸化が進むため、熟成目的でなければ、開封後は冷蔵庫に保管し、なるべく早く飲み切ることをおすすめします。

おすすめ関連商品

CATEGORIES

商品一覧

種類から選ぶ

価格帯から選ぶ

酒蔵から選ぶ

酒器

ネットショップカレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業日、正午12時までのご注文は当日出荷(在庫切れなど除く)
★★年末年始の配送について★★
12/28正午12時までのご注文分まで、年内出荷致します。
年明けは、1/5(金)より順次発送いたします。

店長紹介

Sake shop 海琳堂 店長の斉藤慶子です。
わたしたち海琳堂は、厳選した日本酒を取りそろえた日本酒専門店を目指し日々質の高い日本酒をはじめとした日本のお酒を追い求めています。
初めての方も、お好きな方も日本酒との素敵な出会いをお楽しみいただけますように。


ページトップへ